シルサーム・グループについて

シルサーム・グループ(Siltherm Group Holdings Limited) は、一般的にすべてのナノポーラス構造体の主原料であるヒュームドシリカを自社で生産しており、マイクロポーラス高性能断熱材のサプライチェーンを他の追随を許さないほどコントロールしています。

当社の製造施設は年間60万平方メートル以上の生産能力を有しており、この工場では、パネル、ボード、キルト、加工パネル、パイプセクション、顆粒、エアロゲル、真空断熱パネルなど、現在入手可能なマイクロポーラス断熱材の中で最も幅広い製品ラインナップを誇ります。

当社は、世界的なマイクロポーラス高性能断熱材の垂直統合型メーカーであり、ケイ酸カルシウム、バーミキュライト、繊維状断熱ブランケットやボードなど、他の軽量断熱材に代わる最も費用対効果の高い代替品であることが証明されている製品を提供しています。

人命と資産を守り、快適性を向上させ、エネルギーの削減と節約に貢献する断熱材の現在と将来の需要を満たすためには、革新的な技術が鍵となります。シルサーム・グループは-200℃から1600℃までの幅広い温度範囲に対応した高品質で持続可能な高性能断熱ソリューションを提供しています。

ミッションステートメント

シルサーム・ジャパンは、お客様が抱える熱エネルギーの課題に対応したソリューションを提供する市場主導型のプロバイダーであり、日本をはじめとするアジア市場へ製品のご提案ならびに供給促進を目的として、日本法人を立ち上げました。

シルサームでは、常に最新の技術プラットフォームを更新し、産業界の省エネとカーボンフットプリントの削減に貢献する最先端の熱管理ソリューションを提供致します。

私たちの目標は、環境に配慮したエネルギー効率の高いソリューションを提供する信頼されるグローバルパートナーになることです。

会社概要

会社名

シルサーム・ジャパン株式会社(Siltherm Japan Ltd.)

本社

東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル14F

代表者

代表取締役社長 綿引峰登

設立

2019/08/15

資本金

500万円